健康であることが最も価値のある時代のライフスタイル

暮らし

2020年に新型コロナウイルスの感染拡大があり、東京都の外出自粛要請に始まり、国は緊急事態宣言を出すなど日本国内も大混乱の状態になりました。仕事もテレワークが増えて、多くの人が運動量低下で体重も増えてしまったのではないでしょうか。

体重が増えることはそれほど気にする必要はありませんが、不健康になることにはそろそろ危機感を持って対応しておく必要があります。これからは健康であることの価値が大きく上がることが予想されています。低収入の人も健康であり続ければ仕事はあり、生きていくことはできます。

そこで、今回は外出の自由のない状況で、どのように健康維持をすればいいのかお話していきます。

健康維持に必要な3つの柱

新型コロナウイルスに関係なく、健康を維持するには3つの柱が重要になります。

  • 適度な運動
  • 栄養バランスのとれた食事
  • 十分な睡眠

この3つのうち1つでも欠けると、健康を維持することが難しくなります。ところが非常事態でなくてもこの3つとも兼ね備えている人はほんのひと握りです。どれも頭では大切とわかっていても、継続するのが難しいためです。

特に運動は「英会話」「ダイエット」に並ぶ、三大続けられないもののひとつです。食事も外食が中心で食生活が乱れている人も多く、サプリメントで栄養を整えている人もいますよね。睡眠に至っては1日6時間以下の睡眠時間という人がほとんどです。

これでは10年後20年後に健康を維持し続けるのは無理です。

そこで、今回はこの3つの重要性と、継続するためのポイントをそれぞれ解説していきます。もちろんお金をできるだけかけない方法をご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

毎日30分のランニングをする

まず適度な運動ですが、これはシンプルに30分のランニングでOKです。距離も走るスピードも気にしなくていいです。自分のペースで30分走りましょう。ただし、原則として毎日走ることが重要です。そして30分を超え過ぎないことも重要です。走り過ぎは免疫力を下げますし、活性酸素が体内に発生するので老化が早く進みます。

ランニングをする時間がない場合には、10分の縄跳びでもかまいません。さすがにどれだけ忙しい人でも10分くらいは確保できるはずです。

問題はどうやって継続するかですが、おすすめなのは朝起きてすぐに走ることです。朝起きて着替えてすぐに走り出す。30分走ってシャワーを浴びるまでを入れて約1時間かかりますので、これまでよりも1時間早く起きましょう。もちろん寝る時間も早くしてください。

朝に走るのは他の予定に邪魔されないからです。夕方に走ろうと思っていても、仕事が忙しくて走れなくなることもありますし、飲み会の予定が入ったりするなど安定してランニング時間を確保するのが難しくなります。朝はすべて自分の時間ですので、雨でも降らない限り確実に走れます。

毎朝30分走るかどうかで、10年後20年後も健康で仕事ができるのか、体のどこかに不調を抱えながら働き続けるのかがわかれます。運動できる体はわたしたち低所得者にとって唯一と言っていい資本です。それを守るために、走るのも仕事だと思って継続しましょう。

ジャンクフードをやめる

食事に関しては自炊が理想ですが、料理は得意不得意があるので、すべての人におすすめしたりはしません。ただこれだけはすぐにでもやめてもらいたいのがジャンクフードです。

  • ハンバーガー
  • フライドポテト
  • ラーメン
  • ポテトチップス
  • ケーキ
  • 菓子パン
  • チョコレート
  • ピザ
  • たこ焼き

これらを絶対に食べてはいけないとは言いませんが、他に選択肢があるなら避けるようにしましょう。ハンバーガーショップと蕎麦屋が並んでいたら、迷わず蕎麦屋を選びましょう(牛丼屋でもかまいません)。

ジャンクフードのデメリットをここで説明すると長くなりすぎるので割愛しますが、どのような状態になるかというと、「肥満・味覚障害・腸内環境の悪化・動脈硬化・ビタミン不足」ざっと挙げただけでもこれだけの問題があります。自律神経にも悪い影響を与えるのでウツになるケースになりやすいという調査結果もあります。

問題なのはジャンクフードを口にすると、もっとジャンクフードを食べたくなるという点です。体に悪いとわかっていても脳が欲しがってまた食べてしまいます。止まらないので確実に太ります。肥満はそのまま不健康な生活に直結します。

健康のために何かを食べるというよりは、まずは健康のためにジャンクフードを食べる習慣を手放しましょう。ジャンクフードは安いので低所得者層が好んで食べますが、これは決別してください。将来の自分のために。

理想の睡眠時間は8時間

日本人の平均睡眠時間は6時間27分という調査結果があります。これは全体の平均であり、労働者の場合にはもっと少なくなります。別の調査では約半数が6時間以下の睡眠時間だというレポートもあり、世界的にもかなり睡眠時間が短いと言われています。

わたしたちは睡眠によって回復していますので、十分な睡眠時間がないということは疲労を溜めながら毎日の仕事をしているわけです。これでは精神的にも肉体的にもよろしくありません。理想は8時間と言われていますが、さすがにそれは難しくても7時間目標くらいにしましょう。

忙しくてそれは無理という人もいるかもしれませんが、1日の中でどれくらい動画やテレビを見ているでしょう?どれくらいダラダラ過ごしているでしょう。無駄を徹底して省けば7時間睡眠はそれほど難しいことではありません。

むしろ生活のベースになるのが睡眠ですので、7〜8時間の睡眠時間をベースに1日のスケジュールを立てましょう。

睡眠は長く寝ればいいというわけではなく、睡眠の質も重要になります。それについてはいずれ解説しますが、自分好みの枕にしたり、部屋の空気をきれいにしたりと、できることがいくつもあります。十分な睡眠時間と高い質の睡眠があれば、健康を維持することはそれほど難しくありません。

反対に適切な睡眠が損なわれると、簡単に不健康になります。睡眠には徹底してこだわりましょう。最も軽視されがちですが、本当は最も重要なポイントですので、間違っても夜更しなどしないように気をつけてください。

まとめ

これからの時代にまず必要になるのが健康な体です(これまでも必要でしたが)。フリーランスで働いている人は体が資本で、体が思うように動かなくなったらそこで終わりです。そうならないためにも、生活習慣の見直しをしてください。

運動・食事・睡眠の3つをより良い状態に持っていくように徹底しましょう。できるできないではなく、やらなくてはいけないことです。この3つを高い水準で維持することも仕事のひとつです。働けなくなったときの損失をよく考えてください。

まずはしっかり眠ること。そしてジャンクフードのない食生活に移行し、それが達成できたら程よい運動を行いましょう。いきなり移行するのは難しいかもしれませんので、1〜2ヶ月くらいかけて移行してください。ただし、過去の自分とは決別するくらいの覚悟で行ってください。

10年後20年後に笑っていられるように、今できることから始めましょう。

タイトルとURLをコピーしました